Fusion of weather data and Japanese pattern – 14

変わり青海波 × 全天短波放射量

「いつまでも、おだやかに暮らしたい」

青海波は無限に広がる波の模様で、いつまでも平穏な暮らしを願うという縁起の良い模様。穏やかに暮したいという願いは、今も昔も変わらないですね。

波模様を、全天短波放射量で作成しました。全天短波放射量の1日平均値を一つの円として色で表し、春夏秋冬、それぞれ3ヶ月分を年輪のように重ね合わせました。その4種類を使い、波を表現しました。色は縁起の良い赤にしました。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

 

Fusion of weather data and Japanese pattern – 13

菱菊 × 気温

「毎日、少しずつ違う。その時を大切に。」

毎日、同じことの繰り返しに感じるときもあるけれど、気温の変化は毎日違う。その時は、その時でしかない。そう思うと1日を大切に過ごす気持ちが出てきそうです。

1日の気温の変化を一つの菱形の菊で表しました。中心が1日の始まりの気温、一番外側が1日の終わりの気温を色で表したものになっています。モチーフは、厄除けの意味のある菱菊です。日々幸せに過ごしたいものです。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

 

 

 

Fusion of weather data and Japanese pattern – 12

千鳥柄 × 気温・露点温度

「ひとりじゃ、クリアできることは限られている。出会いを大切に。」

先日、山へ旅だった千鳥。(*3) お腹が空いて、水辺に集まりました。ついでにそこで出会った新しい仲間と作戦会議を行い、目標をクリアしようとしています。がんばれ。

(*3 : Fusion of weather data and Japanese pattern – 10を参照)

千鳥(柄)が水辺に集まっている様子を表現しました。赤が、気温の6年分の折れ線グラフ。青が露点温度(水蒸気を含む空気を冷やした時、凝結が始まる温度)の6年分の折れ線グラフ。さらにそれを3段にして波を表現しました。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

 

 

 

Fusion of weather data and Japanese pattern – 11

立湧 × 日照時間

「水も人間も循環は大事。淀まない。」

循環は普段意識しないけれど、環境や生態系、身体を流れる血液、心、様々な分野で、大事なこと。淀んでいると感じたら、淀まないように努力することで、未来を少しずつ変えられる気がします。

画像は、太陽が照っている中で、水蒸気が登っていく様子をデザインしました。やがて雲になり、雨が降り、また空へのぼる。長い時間の中で、何度も循環していることを意識しました。

白いくねくねした模様が立湧文様。水蒸気が上っていく様子を表しています。立湧文様の背景は、日照時間を青線の折れ線グラフにしたものです。1時間ごとの日照時間を6年分集めました。折れた部分には赤茶色の丸を付けました。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。