Fusion of weather data and Japanese pattern – 18

朝顔 × 地中温度

「morning glory (朝の栄光)」

朝顔の英名はmorning glory(朝の栄光)。良い1日になりそうな名前ですね。朝の状態が1日を左右するのなら、朝から絶好調でいたいです。

朝顔をモチーフに、地中温度で色を付けました。一つの朝顔の色は、3ヶ月分の地中温度を使って表しています。左から、春(3〜5月)、夏(6〜8月)、秋(9〜11月)、冬(12〜2月)。上から、-0.02m、-0.10m、 -0.50m、-1.00mの地中温度です。どれも、1日の平均温度を色で表し、年輪状に3ヶ月分重ね合わせました。1つの朝顔の外側が季節のはじめ、一番内側が季節の終わりの温度です。一番下の段は色の変化がおだやかです。地下深いほど、気温の変化がゆるやかなことが分かります。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

Fusion of weather data and Japanese pattern – 17

梅 × 気圧

「はなよりだんご」

松竹梅の梅。縁起のいい花として知られています。お花見もいいですが、疲れを癒してくれる梅ジュースが恋しいです。

2015年の気圧を使って梅をデザインしました。左から、春、夏、秋、冬です。1日ごとの平均気圧を色で表現し、3ヶ月ごとにまとめました。気圧が強いほど濃い赤色です。夏は、全体的に気圧が高いことが分かります。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

 

 

 

 

Fusion of weather data and Japanese pattern – 16

桔梗 × 気温

「永遠の愛、誠実、清楚、従順。」

これは、桔梗の花言葉。花言葉を考えると、桔梗って、パーフェクトな花だなって思います。

桔梗をモチーフに、2015年の春夏秋冬の気温をそれぞれの色で表しました。明るい色は気温の高い日。暗い色は気温の低い日。一つの花を、一つの季節で表しました。一番上の段、左から、春、夏、秋、冬の順になっています。3段目も同じです。2段目と4段目は、冬、秋、夏、春の順にしました。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

 

 

Fusion of weather data and Japanese pattern – 15

亀 × 日照量

「亀は万年。」

亀はご存知のとおり長生きの象徴として、縁起のいい生き物とされていますよね。縁起のいいものを見ると、いいことが起こりそうな気がします。話は変わりますが、浦島太郎のように、一度亀に乗ってみたいです。

亀の甲羅を、2015年の日照量で表しました。春夏秋冬、それぞれ3ヶ月分をひとまとめにして、年輪のように1日ごとに重ね合わせました。日照量が多いほど濃いピンクです。少ないほど、濃紺です。左上が春、右上が夏、春の下が秋、夏の下が冬です。(繰り返していて、全部で8匹。)

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。