Fusion of weather data and Japanese pattern – 15

亀 × 日照量

「亀は万年。」

亀はご存知のとおり長生きの象徴として、縁起のいい生き物とされていますよね。縁起のいいものを見ると、いいことが起こりそうな気がします。話は変わりますが、浦島太郎のように、一度亀に乗ってみたいです。

亀の甲羅を、2015年の日照量で表しました。春夏秋冬、それぞれ3ヶ月分をひとまとめにして、年輪のように1日ごとに重ね合わせました。日照量が多いほど濃いピンクです。少ないほど、濃紺です。左上が春、右上が夏、春の下が秋、夏の下が冬です。(繰り返していて、全部で8匹。)

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です