クリスマスの風でつくった『雪の結晶のピアス/イアリング』 販売開始!

「 風にのって、すてきなクリスマスがやって来ますように。」

ということで、、

クリスマスの風(風速)で『雪の結晶のピアス/イアリング』をつくりました。

そして、なんと、、なんと、、、販売を開始しました!

 

手作り雑貨が購入できるサイト&アプリminneで販売しています。

白と黒から選べます。

パーツもイヤリングとピアスが選べるようになっています。

※クリスマスまでの限定販売です。

URLはこちらです!

もしよかったら、ご覧ください!

https://minne.com/items/16860069

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<デザインの詳しい説明>

過去9年分の東京のクリスマスの風速(1時間おき)を使って、雪の結晶をデザインしました。

ひとつの雪の結晶は、3年間のクリスマスの風速でできています。

風の強かった時間は濃い青、少し風が吹いているときは黄色、風のない時は白色で円を描いて年輪のように重ね、雪の結晶をつくりました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ということで、、

みなさま、すてきなクリスマスを過ごせますように・・・

 

クリスマスの気温でつくった『星のピアス』

クリスマスの気温でつくったアクセサリー

『星のピアス』

ができました!

こんな感じです。

表面にラメを散らして、キラキラ感を増してみました。(日本語が変..?)

過去10年分のクリスマスの気温で星の色をつくっています。

(詳しくは、ひとつ前の記事をみてね)

では、また!

 

クリスマスの気温をつかってデザインしたクリスマスカード

クリスマスカードをつくりました!

過去10年分のクリスマスの日の気温をつかって、お花のような星をデザインし、

ちりばめました⭐︎

 

どうして、こういうデザインにしたかというと…

 

✴︎過去10年のクリスマスの気温でつくった星

→「10年間、色んな年の色んなクリスマスを過ごしてきたよね」という意味(5年分で一つの星。星が2種類あります)

✴︎星がたくさん、ちりばめられている

→「色んな人が色んなクリスマスを過ごしたよね」という意味

✴︎いいたいこと

→そして、今、生きていて、クリスマスを過ごせることに感謝

これが言いたかったのです!!

 

そう、まじめのmajikoですから。

これから、クリスマスグッズも作成していきたいと思ってます。

作ったら、公開しますね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

勝手に質問コーナーを作りました。

暇な人は、読んでいってください…。

 

Q.「星をどうやってつくったか」

A.一時間ごとの気温を色に置き換えてつくりました。

こんな感じです↓

  • 基本は黄色
  • 気温が高いほど黄土色に近づく
  • 気温が低いほど白に近づく

星の尖った部分から、次の尖った部分までの色がクリスマス1日分(24時間)の気温をあらわしています。

尖った部分は5つあります。つまり、5年分のクリスマスの日の気温で一つの星ができています!

 

Q.「いつの気温?」

A.星は、2種類。以下のとおりです。

  • 白が多い方の星が2008年から2012年までのクリスマスの気温
  • 白が少ない方の星が2013年から2017年までのクリスマスの気温

 

Q.「どこの気温?」

A.東京の気温です!

 

質問コーナーいかがでしたか?

ではでは〜。