気象データ×日本のどうぶつ 05 <グッズ>

露点温度・地中熱流量 × エゾナキウサギ

パーティグッズと教育

「パーティグッズを手作り&使うことで、気象のことを学ぼう」

という、一見よく分からないけど楽しそうなテーマ(ちゃんと意味あります。それは後日!)のもと、

気象データを使って作った「エゾナキウサギ」のイラストで、パーティグッズを手作りしました。

—–

パーティを華やかにしてくれる、ちょっとしたアイテムをご紹介!

料理や飲み物のために、自由にふりかけれらるハーブやスパイスなどを用意しておくと、参加者さんたちも楽しくなるはず。

例えば、ピザやスープにパラパラと振り入れられるように、それぞれに合ったハーブを用意するとか、

コーヒー用にシナモンやミルクパウダーを用意する、なんていうのもいいですね!

もちろん定番の、塩、コショウとかでも、いいと思います!

ちょっとした工夫だけど、「気が利いている人」に認定されそう(笑)

ということで、今回は、パウダーポットを手作りしました。

あれ?最後の写真が、なんかやたらと大きくなってしまった…!

粉が出るところ、これでもかというくらい主張し過ぎだ。。パウダーポットの上の方、どうなってるか分かりやすくて、いいかな!?

このパウダーポット、100均で、2個100円で購入したものに、気象データで着色したエゾナキウサギを貼りました!

気象データで着色したエゾナキウサギの詳細については、こちらをどうぞ。

気象データ×日本のどうぶつ 05(動画)

 

 

 

 

 

気象データ×日本のどうぶつ 07 <グッズ>

風速・運動量・顕熱 × イソヒヨドリ

パーティグッズと教育

「パーティグッズを手作り&使うことで、気象のことを学ぼう」

という、一見よく分からないけど楽しそうなテーマ(ちゃんと意味あります。それは後日!)のもと、

気象データを使って作った「イソヒヨドリ」のイラストで、パーティグッズを手作りしました。

—–

喉の乾く季節。熱中症対策で水分はこまめに取りましょう〜。

ということで、今回は紙カップを手作りしました!

しかし…考えが甘かった!

紙カップって上下の長さが違うし、カーブしてるし、、長方形の画像をペタッと貼り付けるのとは違い、いつもよりたくさん作り直して…やっとできました!

そして、いつものように、全く苦戦してない感じの写真が撮れました(笑)

詳しくは、こちらをどうぞ。

気象データ×日本のどうぶつ 07(動画)

 

 

 

気象データ×日本のどうぶつ 08 <グッズ>

雨量・気圧 × ニホンアマガエル

パーティグッズと教育

「パーティグッズを手作り&使うことで、気象のことを学ぼう」

という、一見よく分からないけど楽しそうなテーマ(ちゃんと意味あります。それは後日!)のもと、

気象データを使って作った「ニホンアマガエル」のイラストで、パーティグッズを手作りしました。

—–

暑い季節が始まりました!

ビックサイズのアイスクリームを買って、みんなで分けて食べるのも楽しいですよね。

お皿の数が足りないくらい人数が多い時は、使い捨ての紙製アイスカップを使うと、とっても便利だし、後片付けも楽♪

ということで、今回作ったものは、アイスクリームを入れるカップ「アイスカップ」です。

ニホンアマガエルの背中の模様は、気象データの「雨量」と「気圧」でできています。

詳しくは、こちらをどうぞ。

気象データ×日本のどうぶつ 08(動画)

 

 

気象データ×日本のどうぶつ 08 <動画>

雨量・気圧 × ニホンアマガエル

アニメーション

気象データ「雨量」・「気圧」を使って着色した「ニホンアマガエル」です。

日本でよく見かけるカエルです。

カエルが鳴くと雨が降ると言われていますよね。それにちなんで、雨の量と気圧のデータで着色しました。

グラフを表示させるとこんな感じです。

1年ごとにまとめた散布図です。右側の数字は、使用したデータの年を表しています。

横軸は気圧、縦軸は雨量です。

ちょっと前までは白い紙とボールペンで絵を描いていましたが、最近は、iPadとAppleペンを使って絵を描いています。このカエルもそうです。すごく描きやすくて重宝してます。

気象データ×日本のどうぶつ 07 <動画>

風速・運動量・顕熱 × イソヒヨドリ

アニメーション

気象データ「風速」・「運動量」・「顕熱」を使って着色した「イソヒヨドリ」です。

イソヒヨドリは鳥です。やわらかな澄んだ声をしています。

鳥は空を飛びます。空にちなんで風速と風速を使った計算値(運動量・顕熱)を使って着色しました。

グラフを表示させるとこんな感じです。

1年ごとにまとめた散布図です。右側の数字は、使用したデータの年を表しています。

横軸は風速、左側の縦軸は運動量(青)、右側の縦軸は顕熱(オレンジ)です。運動量と顕熱は、風速と気温の変化などから計算した計算値です。

言わなくても分かりますが、今回、グラフを斜めにしました。

あと、自分で描いておいてあれですが、今回この目の形が個人的に気に入っています。(グラフ付き画像を拡大しないと分かりませんが、周りがボワボワしてるんです)

 

 

気象データ×日本のどうぶつ 06 <動画>

気温・正味放射量・全天短波放射量・気圧 × オオムラサキ

アニメーション

気象データ「気温」・「正味放射量」・「全天短波放射量」・「気圧」を使って作った「オオムラサキ」です。

オオムラサキは蝶です。もっというと、日本の国蝶です。

今回は3色の色を使ってカラフルなオオムラサキを描きました。

すごくこっちを見ています。

いいんです。

原型をとどめていようがいまいが、オオムラサキといったらオオムラサキです…!

データのグラフを表示させるとこんな感じです。

今回は、2012年の1年間のデータを使い、2ヶ月分ずつ表示させました。横軸は気温、左側の縦軸が放射量、右側の縦軸が気圧となっています。

ピンクが全天短波放射量、紫が正味放射量、オレンジが気圧です。

夏になるにつれ、気温があがるため、模様が全体的に右に寄り、冬になるにつれ、気温が下がるので、反対に左に寄るのがわかります。

 

 

 

 

気象データ×日本のどうぶつ 05 <動画>

露点温度・地中熱流量 × エゾナキウサギ

アニメーション

気象データ「露点温度」・「地中熱流量」を使って作った「エゾナキウサギ」です。

ネズミではありません。ウサギです。

鼻をピクピクさせて匂いを嗅いでいます。

からだのところの色は、1年間の「露点温度」・「地中熱流量」を使っています。年ごとに変わります。

エゾナキウサギの右横の数字は使用したデータの年を表しています。

もう一度いいます。

ネズミではなく、ウサギです。

どんな感じのグラフを使って色を付けているかというと、こんな感じです。

これは、2008年のデータを使用しています。横軸は、露点温度、縦軸は深さ2cmの地中熱流量です。

このたび、着色ルールを作りました。今回はそのルールに基づいて着色しています。ちょっと意味不明な話になりましたが、その話の詳細はまた機会があるときに…

 

気象データ×日本のどうぶつ 04 <グッズ>

気圧・風速・運動量 × ニホンカモシカ

パーティグッズと教育

「パーティグッズを手作り&使うことで、気象のことを学ぼう」

という、一見よく分からないけど楽しそうなテーマ(ちゃんと意味あります。それは後日!)のもと、

気象データを使って作った「ニホンカモシカ」のイラストで、パーティグッズを手作りしました。

今回作ったものは、コースターです。

このコースター、なんと防水・UVカット機能が付いているんです。

なんで、そんなに高機能かというと、屋外用ステッカー作成用の用紙を使ったからです。インクジェットプリンターで印刷したものを、100均で買った10枚100円のコースターの上に貼って作りました。

今回、UVカット機能はいらなかったかな。。

気象データ×日本のどうぶつ 04 <動画>

気圧・風速・運動量 × ニホンカモシカ

アニメーション

気象データ「気圧」・「風速」・「運動量」を使って作った「ニホンカモシカ」です。

楽しそうに首を振っています。

お腹のところの模様は、一年間の「気圧」・「風速」・「運動量」を使ってできています。月ごとに模様が変わります。

模様の色は運動量で決まります。模様の点々の位置は、横軸が「気圧」、縦軸が「運動量」の散布図でできています。文章で説明するのはちょっと難しいので、この文を読むより、このページの最後にあるグラフを見た方がわかりやすいと思います。

 

気象データ×日本のどうぶつ 03 <グッズ>

気温・地温 × コウベモグラ

パーティグッズと教育

「パーティグッズを手作り&使うことで、気象のことを学ぼう」

という、一見よく分からないけど楽しそうなテーマ(ちゃんと意味あります。それは後日!)のもと、

気象データを使って作った「コウベモグラ」のイラストで、パーティグッズを手作りしました。

今回作ったものは、ストローです。

コウベモグラ、12ヶ月12パターン作ったら、とてもにぎやかで楽しそうな雰囲気になりました。パーティは雰囲気大事!