Fusion of weather data and Japanese pattern – 18

朝顔 × 地中温度

「morning glory (朝の栄光)」

朝顔の英名はmorning glory(朝の栄光)。良い1日になりそうな名前ですね。朝の状態が1日を左右するのなら、朝から絶好調でいたいです。

朝顔をモチーフに、地中温度で色を付けました。一つの朝顔の色は、3ヶ月分の地中温度を使って表しています。左から、春(3〜5月)、夏(6〜8月)、秋(9〜11月)、冬(12〜2月)。上から、-0.02m、-0.10m、 -0.50m、-1.00mの地中温度です。どれも、1日の平均温度を色で表し、年輪状に3ヶ月分重ね合わせました。1つの朝顔の外側が季節のはじめ、一番内側が季節の終わりの温度です。一番下の段は色の変化がおだやかです。地下深いほど、気温の変化がゆるやかなことが分かります。

※このサイトでは、『和柄』×『気象データ』のデザインを載せています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です